お仕事関係

    Ripple-logo

    578: 2018/03/24(土) 16:14:25.29 ID:9YrPIsF2
    記念すべきリップルスレ1
    「XRPが100円になるわけないだろ。5円がいいとこだ。」
    とか面白いわ。

    fsdf


    【4年前にリップルの事を散々馬鹿にしたヤツら居たけどさ、、、、】の続きを読む

    crytocurrencyen-1024x576


    1: 2018/02/05(月) 16:40:21.03 0.net
    ガチでなにから始めたらいいんだ
    格安スマホぐらいしか持ってないんだが
    150105koba_digex02_1200x

    【ワイ、「48歳」「無職」「実家でニート」のハイスペックだが…将来億り人になりたいんだが??】の続きを読む

    BN-BV573_0310_1_G_20140310043136


    1: 2018/02/22(木) 13:59:22.34 ID:CAP_USER.net
     いま、これまでにないほど仮想通貨が注目されている。

     もちろんその最大の原因は、仮想通貨取引所の大手であるコインチェック社から約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が何者かによって盗まれたからだ。

     この史上最大規模の「仮想通貨強奪事件」では、盗まれた通貨がすでにインターネットの地下社会である「ダーク(闇)ウェブ」で他のコインに交換されるなどの動きが報じられている。事件は文字通り“闇”の中といったところだろう。

     仮想通貨については、投機としてもともと関心が高まっていたが、仮想通貨そもそものメカニズムである「ブロックチェーン技術」ももてはやされていた。特に米国では、数年前から今の日本で見られるような盛り上がりが見られた。

     筆者がマサチューセッツ工科大学(MIT)でフェローをしていた際、MITでは、すべての学生に仮想通貨のパイオニアで代表格であるビットコイン、100ドル分が無料で提供されると発表された。2014年当時、このプロジェクトを進めていた卒業生たちは、「インターネットの黎明期に学生にインターネットへのアクセス権を与えるのに近い」と語っていた。

     そんな仮想通貨ビットコインだが、いまだに多くの関係者が注目していることがある。誰がビットコインを最初に発明したのか、である。 

    【【コラム】仮想通貨の父「サトシ・ナカモト」の正体がバレているのは本当か【伝説の人物】】の続きを読む

    このページのトップヘ