イーサネット

    仮想通貨【コインチェック】サトイモイトサ


    1: 2018/02/04(日) 14:22:43.00 ID:Km0y/LWi0.net ?PLT(12015)
    1月26日にサイバー攻撃を受けて約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)を流出させたコインチェック。
    騒動は一向に収まりそうにないが、その裏で1363億円に相当する不可解な送金が行われていたことが、
    ダイヤモンド・オンライン編集部の取材で浮上した。


    詳しくは
    http://diamond.jp/articles/-/158129

    【コインチェックの不正が止まらない…もう返金は絶望的か???】の続きを読む

    mig


    1: 2018/02/03(土) 18:44:47.31 0.net
    大口が売り煽りして買い集めてただけだった
    損したのは平民だけみたいだなwww

    tejwk4a

    【すべての仮想通貨が暴騰中↑↑↑今回の暴落騒動は天竜人の遊びだった模様wwwww】の続きを読む

    sdes

    1: 2018/01/31(水) 21:32:20.11 ID:CAP_USER9.net
    ネムやビットコインなどの仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)が、580億円分の仮想通貨を不正送金され、その影響により利用者の出金が停止。
    出金できずコインチェック利用者が激怒している騒動で、新たな情報が入ってきた。

    コインチェックのテレビCMに出演し、炎上状態が続いている出川哲郎(53歳)が、コインチェック事件後で初となるブログの更新をしたのである。

    ・出川哲郎のコメント
    「イタリアのミラノ ここから、流行のファッションが世界中に発信される 誰よりも早く刺激をもらう 俺は、そうしてきた」
    wew

    いま現在は、出川哲郎よりコインチェック株式会社代表取締役の和田晃一良氏(27歳)のほうが炎上状態であり、本気で「ヤバイよヤバイよ状態」となっている。

    詳しくは
    http://buzz-plus.com/article/2018/01/31/coincheck-degawa-blog/

    【コインチェックで炎上中の出川哲郎…イタリア・ミラノに高跳びしていたwwwww】の続きを読む

    d2d1587eefc881de9eb74b211ae716fb-1

    1: 2018/02/02(金) 12:45:05.95 ID:CAP_USER9.net
     仮想通貨取引所大手のコインチェックから約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、犯人のものとみられる口座に対して、「お金をくれ」や「ネムを返して」などのメッセージが相次いで送り付けられていることが2日、分かった。

     ネムの取引はインターネット上に記録されており、コインチェックからの流出先口座は誰でも見ることができる。また、送金する際にメッセージを付けることができる仕組みになっている。

     その仕組みを利用して、犯人のものとみられる口座にごく少額の送金とともに「盗んだネムをコインチェックに返せ」と返金を促したり、「ネムを分けてくれないか」などと要求したりする例が見られた。メッセージの送信者の大半は犯人とは関係がないとみられる。


    詳しくは

    4: 2018/02/02(金) 12:49:05.68 ID:uAtrnHML0.net
    投げ銭したら少しくれるらしいじゃんw

    【コインチェックの580億円の流出・・・実は犯人にメッセージを送れるって知ってたか???w】の続きを読む

    A6vEXbg

    1: 2018/02/03(土) 18:29:27.47 ID:CAP_USER9.net
    仮想通貨の大手取引所「コインチェック」から流出した仮想通貨「NEM」は、
    何者かがインターネット上の複数の口座に分散させる動きが続いています。

    インターネット上に公開されている取引記録によりますと、今月26日に
    コインチェックから流出したNEMは、当初は10の口座に移されていました。

    その後、何者かが複数の口座に分散させ続けていて、分散先の口座はすでに
    30を超え、現在も増え続けています。

    また、分散させている額はほとんどは1回当たり数十円から数万円ほどですが、
    1日深夜には一度でおよそ1800万円相当のNEMを移す動きも見られました。


    詳しくは

    【コインチェックの流出ネム…今も何者かが複数口座に分散させる動きが続き回収は絶望的】の続きを読む

    このページのトップヘ